泌尿器科・性病科の新宿西口クリニック

亀頭包皮炎治療・ 検査| 新宿西口クリニック | 東京西新宿

医師・スタッフは男性のみ 匿名検査も可能です 最新の高精度検査

亀頭包皮炎とは

成人の亀頭包茎炎は細菌感染などにより亀頭や包皮に炎症を起こす疾患です。原因菌には細菌以外にも真菌やウイルスがあり、接触性皮膚炎が原因の場合もあります。

亀頭包皮炎の潜伏期間

亀頭包皮炎の潜伏期間は数日ほどです。感染後、数日経過すると症状が出現します。

亀頭包皮炎の症状(細菌感染の場合)

亀頭や包皮の発赤、むくみ、膿の分泌があり、痛みを伴います。

亀頭包皮炎の症状(カンジダ感染の場合)

亀頭や冠状溝に発赤、紅色丘疹、びらんなどを認め、かゆみや違和感が出現します。包茎や糖尿病の方、ステロイド薬内服中の方に多くみられます。

亀頭包皮炎の治療

細菌感染の場合は、抗生物質の軟膏を、カンジダ感染の場合は抗真菌薬のクリームを塗布します。なお、カンジダ感染の場合かゆいからといって石けんなどで洗い過ぎるとかえって症状が悪化します。神経質にならない程度に清潔にしておけば十分です。

パートナーの対応

外陰や腟にかゆみや帯下(おりもの)の増量が出現した場合は、婦人科を受診して下さい。


アクセス
アクセス
診療時間
診療時間