泌尿器科・性病科の新宿西口クリニック

C型肝炎検査・C型肝炎治療 | 新宿西口クリニック | 東京西新宿

医師・スタッフは男性のみ 匿名検査も可能です 最新の高精度検査

C型肝炎とは

C型肝炎は、C型肝炎ウィルス(hepatitis C virus:HCV)が感染することにより発症する、肝臓の炎症を主体とした疾患です。HCVの感染の問題点は高い慢性化率です。一度感染すると、60〜70%は慢性化(持続感染)します。そして、慢性肝炎を発症し、その後肝硬変・肝臓癌へと病態は進行していきます。

C型肝炎の原因

HCVは血液を介して感染します。C型肝炎の原因として、以前は輸血や血液製剤の使用などが多かったのですが、検査体制が確立されている現在ではほとんどありません。性行為も感染原因の一つですが、その頻度は低いとされています。ただし、性風俗従業者(commercial sex worker:CSW)は一般の同年代の女性よりHCV抗体陽性率が8〜10倍高いことが報告されています。

C型肝炎の症状

通常、HCVに感染すると2〜3ヶ月後に急性の肝障害を起こします。自覚症状としては、食欲不振や倦怠感などがありますが、はっきりと感じない人も多いです。急性肝炎を起こした人のうち30〜40%は自然治癒しますが、残りの60〜70%の人は慢性化します。慢性化した場合は、C型慢性肝炎となり、10数年経過したのち、肝硬変、肝臓癌へと病態は進行していきます。

C型肝炎の治療

インターフェロン(IFN)を中心とした抗ウィルス療法を行います。なお、今後、新薬やIFNを用いない治療法も承認される予定となっており、これらの治療法は従来の治療法より副作用も少なく、治療効果も高いことが確認されています。

パートナーの対応

C型肝炎に感染していることが判明した場合は、パートナーにも必ず検査を受けてもらう必要があります。


アクセス
アクセス
診療時間
診療時間