泌尿器科・性病科の新宿西口クリニック

クラミジア検査・クラミジア治療 | 新宿西口クリニック | 東京西新宿

医師・スタッフは男性のみ 匿名検査も可能です 最新の高精度検査

クラミジアとは

クラミジアは、主に泌尿生殖器に感染する微生物で世界で最も多い性感染症です。男性では尿道炎を、女性では子宮頸管炎を主に発症します。

クラミジアの潜伏期間

クラミジアの潜伏期間は1〜3週間ほどです。感染後、1〜3週間経過すると症状が出現します。

クラミジアの症状

男性クラミジア性尿道炎の症状は、排尿時痛や尿道のかゆみ・違和感です。また尿道から透明〜白い分泌物が排出されることもあります。一般に、男性淋菌性尿道炎と比べると症状は軽いことが多く、軽度の尿道掻痒感や不快感だけで、無症候に近い症例も少なくありません。

クラミジアの治療

クラミジア性尿道炎の治療は抗生物質の内服です。抗生物質はマクロライド系、キノロン系、又はテトラサイクリン系などの中から抗菌力の高いものを投薬します。当院では、性感染症診断・治療ガイドラインで推奨レベルAの抗生物質を主に用いて治療を行います。

パートナーの対応

クラミジアに感染していることが判明した場合は、パートナーにも必ず検査を受けてもらう必要があります。


アクセス
アクセス
詳しい地図はこちら
診療時間
診療時間